オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

男も女もモテるのが好きなんだ

ちょっと眠いので、今日は端的に気付いたことをそのまま書きます。

 

「男も女も、モテるのが好き!」

自分が好きになるよりも、受動的でいて誰かに勝手に好かれるのが好き。

「なんで好きなの?」よりも

「好きだからどうしてくれるの?」

ということに興味がある。

 

で、人間というのは感動を欲しがる生き物だから、

感動を与えてくれる人を求める。

恋愛的には、「トキメキ」を与えてくれる、って言ってもいいかも。

つまり、なんでもいいけど「心から感じたい」ということ。

 

最高級は、出会うこと、接触することだけで感動する状態。

歌手のライブとかそんな感じ。出会って遠目で声を聞くだけだけれど、

目で触れて、声に触れれるから、五感が少なくとも2つ刺激されて、

心に響いていく。

 

で、最初の話になって、

「誰でもモテるのが好き」

ってのは、

 少年漫画は少年が少女からモテる作品が多い

 少女漫画は少女が少年からモテる作品が多い

これだけでほぼ論破でしょう。

 

現実にはモテるまでもハードルがある。

というかモテたいって思ってる人が多いってことは、

自分がサブ(モテるのが主人公)ってストーリーを描きにくい人が多いということ。

 

なにもせずとも降ってくるって思ってる。

いい出会いがあるさーって思ってる。

 

現実は、みんなが自分の人生の主人公だ。

漫画は主人公が主軸だけれど、サブが存在しないストーリーはつまらない。

サブにもサブなりの人生があるからこそ、

主人公の人生に影響を与える存在として登場する。

 

誰かのサブになる瞬間も、必ず人生には必要だから。

自分のためにすることと、

「誰かののため」にすることを両方やったらいいと思った。

 

今日はちょっと雑になってしまいましたがここまで!

ではでは^^