読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

どうしてもやる気がでないときは、理想的な未来を妄想しよう

まとめ

やらないことで起きる未来を想像したら、

やる「気」にはならなくても、しぶしぶやることができる。

それで結果的にやったのだから、良いことが起きる。

「やる気」はどうでもよくて、「やった」かどうかが、人生を左右する。

 

記事はこちら↓

前にやる気について、

がんばって1歩目を踏みだすことが重要だと書きました。

やる気が出ないとき - オレンジ色

 

でも、やっぱりその1歩目が難しいんですよね。

「少しやる」までのハードルが一番高いですから。

 

とはいうものの、やっぱりやらなかった後悔はしたくないものです。

だから僕は

「もし今やらなかったら、欲しい未来が手に入らないぞ!」

と自分に言い聞かせるようにしています。

積極的にやりたいわけじゃない、

でも、やらなきゃ後悔する。

 ちょっとくらい・・・

そのちょっとを許すと、将来後悔する。

だから、ちょっとを我慢する。

 

そんな感覚です。

例えば、受験勉強を始める前に、

志望校に受かる自分を想像して、

その自分じゃない自分になるのがイヤだ!!!

って思うのです。

 

社会に出て仕事をするようになると、

今より貧しくなりたくない!

と思いながら、いやいやながらも仕事を続ける人が多くいます。

 

心理としてはそれと同じです。

危機感の度合いが違うかも知れませんが、

 

やる気は、自分が楽しいと感じることには必要ありません。

楽しいことは自然とやってるからです。

 

今ひとつ踏ん切りがつかないから、

「やる気が欲しいなぁ」、って思うのです。

やる気があるときは、既に気持ちが楽しんでる時だから、

「やる気がない」

ことを言い訳にはできないと考えたら良いと思います。

 

なぜなら、やる気の有無にかかわらず、

やることはできるからです。

 

いやいやでも、欲しい未来のため!

って思ったら、やらざるを得ないことも多いのではないでしょうか。

 

それではまた!