読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

狂おしいほどに好きになる

まとめ

奪われたら自分が狂うほどに好きなことが、

本当に好きなことなんだろうな。

 

 

記事はこちら↓

デスパレードというアニメが最近ニコニコ動画で放映されていて、

けっこうおもしろいので毎週見てしまいます。

 

ストーリーをざっくりと説明すると、

 感情を持たない人形の主人公がバーテンダーをしています。

 バーには毎回二人(だいたい互いに知らない)の客が来て、

 主人公はその二人にゲームをさせます。

 客の二人は記憶が曖昧な状態で、なんやかんやでゲームを開始します。

 ゲームを進めるうちに、客はだんだんと記憶がはっきりしてきて、

 自分が死んだこと、死ぬ直前に何をしていたかを思い出します。

 自分が死んだことを思い出したときに、感情の深淵が見える。

 主人公は、その感情の深淵を見て、魂を天国行きか地獄行きか決めます。

といったものです。

 

人間の感情を取り扱った、非常におもしろいストーリーだと思います。

特に感情をあまり持てない人とっては、ストレートに感情を表現する人達を見て、

揺さぶられる感覚を思い出せる作品だと思います。

 

そんなストーリーですが、今週のストーリーがとくにグッと来ました。

以下、ネタバレを少し含むので、ネタバレを見たくない方はアニメを見てから読んでくださいね。

 

 

 

 

今週のテーマは復讐でした。

愛しく思っている人を壊されたから、

壊した相手を探しだして復讐する。

ありていに言えば、それだけのよくある話です。

 

書いてみると、よくあるストーリーなのですが、

僕は

 仮に、壊されたときに、

 自分自身が復讐を決意するほど好きな人や好きなことってあるかなぁ?

と考えさせられました。

 

 復讐じゃなにも生まれない。

 

これはよくある少年漫画の結論です。

そういうことじゃなくて、復讐したくなるほど思いを乗せたもの、

壊されたら自分の人生をかけて壊した人をぶち壊したいと思う気持ち、

「わかる?!この気持ち!!!」

と叫んでも、1%も気持ちの深さを共感されないもどかしさ。

 

そこまでの思いを乗せたもの、欲しいな。

「自分のもの」という感覚、「あって当然」と思うもの。

自分の周りにそういった大切なものを増やしていきたいな。

 

人を好きになる場合もそうだけれど、仕事や趣味への愛着も、

より思いを乗せていったほうが、楽しめるし大事に思えるんだろうな。

と思いました。

 

いろいろな思いが出てきておもしろいアニメなんで、ぜひぜひみてください!