オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

好きなものがなければ、嫌いなものを探してみる

好き嫌いしないように、

と小さい頃には教えられます。

けれど、好きか嫌いかを言えるくらいにこだわりを持たないと、

良い成果には結びつきにくいと思います。

 

なににこだわるか、それを自分で確かめるためには、

自分が好きなことを語れればいいと思います。

でも、

「なんでもいい」「どうでもいい」

って思うことが多くなってしまったら、こだわりをもちにくくなります。

 

だからこそ、嫌いなものを排除していくのも、

こだわりを探すための思考法だなーと思いました。

 

積極的なこだわりがなくても、

消極的なこだわりなら探しやすいですから。

 

肯定よりも、否定のほうが圧倒的に簡単だし。

否定だけじゃ、なにも建設的にならないけれど、

否定を思考の皮切りにして、なになら肯定できるのかを導く感じ。

 

とりあえずは、それで嫌いじゃないものを語れるようになりそうな気がしてます。