読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

作られた物語じゃないとわかりあうなんて難しい

わかりあうのには、

相手の感情に自分が共感できてかつ、

その共感を相手に伝える必要がある。

 

感動的なシーンには涙がつきものだけれど、

涙は感情が高ぶったときにでてくるもの。

だから、涙を流した時点で、感情を相手に伝えてることになるんだ。

 

その感情に共感できたら、一緒に涙を流せる。

むしろ、話の流れや状況によっては、受け手側が自然と涙を流してることもある。

 

涙っていう行動は、感情を伝えるのに大きな力を発揮する。

一方で、感情となると、言葉にするのが本当に難しい。

言葉では、自分がどれだけ好きか、心を打たれたか、

といったような感情は表現しきれない。

 

涙を流したり、取り乱したり、

赤面したり、怒りを露わにしたり、

行動が伴ってこそ、感情は伝わるんだ。

 

言葉だけじゃだめで、顔つきや行動を描写して初めて、

感情が伝達される。

 

その伝達過程は、言葉だけの世界からジャンプが必要で、

過程自体を言葉で表すなんてできない。

 

その言葉の壁をジャンプして乗り越えて初めて、

共感が生まれるんだ。

 

単なる言葉に縛られず、相手の行動からも感情を読み解き、

共感できる範囲を広げていきたいと思う。