読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

「当たり前じゃん」って言われる気付きでも、自分にとって大事な気付き

まとめ

当たり前のことを当たり前に感じなくなって、

感謝できるようになったら、自分が成長した気になるし、

実際に成長していると思う。当たり前の日常を特別に感じられるということだから。

 

けれど、他の人(気付く前の自分を含む)にとっては当たり前のことだから、

成長したという感激を伝えにくいし、共感もされにくい。

 

それでも、自分の成長を忘れないようにしたい。

 

記事はこちら↓

 

例えば、

「今日の夜寝て、起きたら明日になってるんだよ!これすごくない!?」

と誰かに言われたら、たいていの人は

「は?」

って言うでしょう。少なくとも俺は言います。

 

でも、その言葉の裏に、

 今日という日の終わりに寝たら、意識がなくなっていく。

 意識がないのに、自分の身体は活動して、

 心臓を止めず血流を止めず、生きてる状態を維持してる。

 自分の意志に関係なく、自分の身体は生きている。

 そして、明け方には意識が目覚めるようにできている。

 その意識は、昨日以前から連続していて、

 連続しているという記憶が残ってる。

 でも、意識が明日また覚醒する保証なんて無い。

 意識が戻るという確証もなく、人間は寝ている。

 明日がくることを信じて、今日を閉じている。

 

 後輩が、朝、目覚めなかった。

 朝じゃなく、目覚めなかった。

 理由は心臓の病気かなにからしいけれど、

 自宅で寝て、朝になっても起きなかった。

 聞いてねぇよ。

 そんな日があるなんて。

 明日がくるって思って寝るんじゃねぇかよ。

 あぁ、明日があることを信じられるから、

 ちゃんと寝れる、安らかに寝れるんだろう。

 でも、それは当たり前じゃなくて、

 自分が生きる確率を引き続けているだけ。

 いつ死ぬっていうくじを引き当てるかはわからない。

 だから、明日を引き当てて起きれたら、自分は感動する。

 

長くなりましたが、

今、この言葉を聞いたらどうでしょうか?

「今日の夜寝て、起きたら明日になってるんだよ!これすごくない!?」

最初に聞いたときよりも納得感がありませんか? 

 

でも、納得感があるだけで、要は

「今日という一日も、明日という一日も大切に感じよう」

という至極まっとうで、順当で、当たり前の結論しか言ってないんです。

 

長々と何を言っているの???

 時間を大切にしろ!

の一言を言いたいだけでしょ??

 

他人からの視点ではその通りです。

でも、そんな単純な言葉じゃ自分が納得できない。

だからこそ言葉を尽くして語るんですが、

相手にとったら結論を先延ばしされているような気分になるでしょう。

 

教訓を共有しにくいのは、そういう背景があるように感じます。

当たり前のことが、実は当たり前じゃないと納得しにくいのかもしれませんし、

自分が知っている当たり前と同じ内容を繰り返されても学ぶところはない、

と思われるのかもしれません。

 

だから、人格を研鑽しても他人からは評価されにくいんです。

他人から見たら人格の変化なんて見えないし、

善良な人格を手に入れても、その善良さを言葉にした時点で、

当たり前なことに成り下がります。

 

例えば、

「他人に尊敬されるように行動する!」

という言葉から、僕は何も感じません。

感じるとしたら、実際に尊敬を行動で集めたときでしょう。

 

「平和が一番!」や「暴力は許せない!」や「問題は対話で解決が良い!」

なども、同じ雰囲気を醸し出す言葉です。

 

絶対的に良いことだと思います。ただ、言葉が軽い。

ただの当たり前なことなんです。

 

でも、その当たり前をきちんと自分の中で遵守できるよう、

心に刻むためには、当たり前を特別視しないと無理だと思います。

 

特別に守りたいからこそ、自分を律することができると思います。

 時間を大切に!

という当たり前な教訓を活かして生活してる人がどれほどいるでしょうか?

 

俺は、無駄な時間も多く過ごしてます。

パズドラしたり、Catanしたり、FXしたり、

一人でやってもたいしておもしろくもないことを延々とやったりしています。

 

だから、同じ言葉でも、言葉の裏側にある背景をどこまでイメージできるかが、

教訓の活かせるかどうかの違いなんだと思います。

 

他人から、「なに当たり前のことを今さら言ってるの?」と思われてもいいんです。

当たり前を守れるようになることが大いなる成長の一つなのだから。