読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

本物の人間関係っていいな

真実は、人間関係をぶち壊す。

 

誰が誰のことをどう思っているかとか、

本当と嘘を暴くだとか、

犯人・責任者は誰だとか。

 

円滑な人間関係は、

嘘で塗り固められた、利害関係に基づくものなんだろうな。

 

利害関係抜きに、本音で語り合うのが本物の人間関係だとすれば、

どれだけ本物の関係を得られるんだろうか?

 

利害関係のうち、最も影響が大きいのが、

精神的利害関係だ。

 

「あの人と仲が悪くなった」

「嫌われた」

「軽く見られた」

 

といった感覚に陥る他人からの目線は、効果が絶大だ。

精神を蝕む最高峰の状況だ。

確実に利害関係として損してる。

 

だから、人間は嘘や形だけの言葉やその場のノリで、

会話をするんだろう。

 

なにも問題がないときには、

それで円滑にことが進む。

 

問題が起きたときに、真実が暴かれる。

そして真実は着実に人間関係に影響する。

 

人間関係に影響のない真実なんて、

暴く労力が必要のない単なる事実だ。

真実は、偽りがあるからこそ求めるものだから。

 

最近、

Give & Give & Giveをすることで、商売が上手くいく、

みたいなことを言ってる本を読んだ。

 

確かに相手のためになることを与えるのだから、良いことのように感じた。

けれど俺は、その人間関係に違和感がある。

 

自分が相手のためになにかをするということは、

相手に見返りを求めはしなくても、相手に見返りを期待する行為だと思う。

 

期待されるだけでも、人間は負担を感じるものだ。

しかも相手に与えられた後ならもっと。

 

期待するだけなら、嘘はついてない。

でも、本当のことは言ってない。

 

期待した行為をした結果、期待した側が何を得るのか、

言及されることは少ないから。

 

嘘を言ってないだけじゃ、

真実を語っていることにはならない。

 

人を傷つける真実が顕になった結果でも、

関係が続くような仲を、人と作っていきたい。