読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

空回り

いつからか、気分を取り繕うようになっていた。

テンションを上げて、その場限りの盛り上がりを優先させて、

ただ喚き散らしている。

 

なんの意味もない、ただの馬鹿げた行為だけれど、

その破滅的な行動に楽しみを見出した。

 

自分を崩壊させるための、破壊衝動の具現化だ。

 

酒に酔いたくなるのは、自分をぶち壊したいから。

壊して壊して壊して、

自我をなくしてただの傀儡になりたいから。

 

周りに迎合するだけの、

本能だけによりかかった生き方。

自分の考えなんてそこにはない。

自分を生きてない。

 

そんな晩を過ごしても、翌朝になれば矮小な自分が蘇る。

自分すら規定できていない、不安定な『自分』が目覚める。

 

本能に従って仮初めの充実を感じたあとには、

俺は楽しかったんだろうか?と自問する。

本来の自分からかけ離れた気分を味わったような、

別人格の自分を感じる。

 

「そんなのは俺じゃないだろう?」

 

そう思う自分もいるが、現実に存在した、「そんなの」の自分もいる。

空回りしているんだな。

 

俺自身が思う「自分」と、俺が積み重ねた過去の「自分」と、これからの「自分」、

ぜんぶずれずれで、空回りしてるんだ。

 

いつまでも人生哲学を放れない中二病患者。

「生きにくそうだね。」

そう言われても、今さら変えるつもりもない。