オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

つまらない日常を打開する

今日も休日だ。

先週からの仕事で、土日もフルで働かないと終わらない見込みだったのに、

存外早く終わって休みをもらえた。

 

平日の睡眠不足を打ち消すように午後まで惰眠を貪って、

これから活動開始。

 

なんの予定も立ててないし、誰かを誘うには急すぎる。

さて何をして過ごそう・・・?

 

普段なら買っては積まれていく本を読むところだけれど、

最近、1日家に引きこもって一歩も出ないのはなんだか精神によくない気がしてる。

 

カフェで本を読むのもいいかもしれない。

 

けれど、「本を読む」という行為にちょっと飽きている自分もいる。

 

読む本を変えれば気持ちも変わるかと思って、

ミステリー小説、自己啓発書、ビジネス書、ラノベ、心理学、

いろいろと読み物を変えてみたけれど、なんとなく満たされない。

 

「やりがいとは『見つける』ものではなく、自らの手で『つくる』ものだ。
そして、どんな仕事であっても、そこにやりがいを見出すことはできるのだ。」

出典

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

 

堀江さんのこの言葉が突き刺さる。

単純に本を読んでるだけなら受け身な時間の過ごし方で、

「自らの手でつくってない」んだろう。

 

だからやりがいを感じない。

 

何をしたらやりがいを感じれるか自分で考えてみると、

思いのほか答えを出すのが難しい。

 

たぶん、行き着く答えは簡単なんだろう。

でも、今の俺にはそれを見つけられない。

 

じゃぁ、その答えを見つけるために、

他人が書いた本を読みあさることにしよう。

 

やりがいを見つけるというやりがいっていう、

トンチのような答えだけれど、

今の俺はこの答えに満足できた。

 

さぁ、はじめよう。