読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

心を感じると、幸せになったり不幸になったり 感じないと、なにも感じないのに。

無の境地というか。

好きも嫌いもなにもない状態、

ただその状態で、淡々と時間を過ごすと、

無難な日々を過ごせる。

 

悲しくなったり、死にたくなったりはしない。

逆に、嬉しくなったり楽しくなったりもしない。

 

生体反応があるだけの装置。

 

仕事をするときには、そうなっていたほうが都合がいい。

感情に揺さぶられていると、現実の仕事はできない。

 

感情は現実じゃなくて、ただの思いだから。

 

現実にした瞬間に、陳腐化する。

言葉にした瞬間に、陳腐化するのと同様に。

 

自分自身でさえも、自分を認められない世界に、

何の希望がある?

 

認められたいと思うなら、まずは自分を認めてやれよ。

自分が認めてないのに、他人に認められようとするなよ。

 

そのとおりだ。

 

自分自身を、死んでも良い人間と断じるな。

 

感情が不要なら捨てろ。

必要なら拾え。

そのバランスを取らなければ、感情に殺される。

 

感情は麻薬で、人間らしさで、自分自身だから。

自分を殺す。

 

覚えておこう。