読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

自分らしさを定義する

俺は俺で俺らしく振る舞えばそれでいい。

じゃぁ、俺らしさとはなにか。

 

考えるのが好きだ。結論は出なくても、考えるという行為が好きだ。

結論を出さない(出せない)考えなんて、

全くもって無意味な所業だけれども、

自分の意識が「なにか」に向いている状態が好きだ。

 

意識が何にも向けられていない状態のときは、消えそうになる。

 

現実の問題を考えていたいんだろう。

結論を出したら、意識が終わってしまうから、

些細なことでも考え続けたくなる。

結論を先延ばしにしたくなる。

 

時には、時間が先延ばしを許さない。

決断しろと、迫られる。

 

そうなれば、自分は結論を出す。

時間ギリギリの土壇場に力を発揮するという、

まさに一般的な人間性を持っている。

 

考えれば考えるほどに、自分の薄っぺらさに嫌気がさす。

日常を表面的に楽しんでいるだけ。

中身は空虚が詰まってる。

 

空虚こそが自分なんだとしたら、自分らしさなんてないじゃないか。

定義しようがない。