読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

青春とは、感情を発露している時期である

感情を選択して捨てるようになったら、

青春を卒業したことになるのだろう。

 

発露した感情は、たいてい受け入れられないから。

感情レベルでつながれる他人なんて、めったに存在しないから。

 

感情をぶつけられるってことは、その感情が理解されると思ってるということだ。

共感してもらえると思っているのだ。

 

だからこそ、誰にも理解されない個人が、感情を殺して大人になり、

青春を過去のものとする。