オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

わかってる同士の会話

今日、半年ぶりに弟と会った。

会った瞬間に、弟から
「いいな。」
と言われたので、
「いいだろー」
と返した。

「なんで何がいいって言ったのかわかってるんだよ」
「いや、わかるって」

 

お互い会社帰りに会うのは初めてで、
俺はビジネスカジュアルが許された職場。

弟はジャケットこそ着てなかったもののスーツ。

ビジネスカジュアルって楽そうでいいな。
と弟は言ったということだった。

 

それくらいなら、互いに何がいいと思ってるかわかってる仲なら、
わかる。

 

会話の節々に、
「わかるだろ?」
という言葉が入る。

 

説明せずとも、理解してくれてるだろう?
という確認。

そんな会話が、ほんとに楽しくて、楽だと思った。

思考は似てるけれど、違う部分があるから、
深い部分で違いを議論できる。

全くの合同の思想なら、議論する必要もないけれど、
適度に分かり合ってるのが、コミュニケーションを加速させる。

そんな関係を、どうやって広めれるだろう?

旧友なら、なんとなく思考の偏りを互いに認識してることが多いから、
そうなれる可能性が高いな。

今から、増やすのは、、、
難しそう。