読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

SW漫喫した!

世間体的には、大満足な休暇を過ごせたと思う。
両親と旅行をして、親孝行をし、
趣味に没頭する時間を作り、
新たな人との出会いを作れた。

世間体というか、誰かに話をする分には、申し分ない休暇の過ごし方だった。

東野圭吾の小説を読めたのは、
個人的にも満足だった。

なんだろうな、満たされてない感も感じてる。

たぶん、誰かと、共有できていないから。
孤独の一端を、誰とも共有できていないから。

人はみな孤独だと言うけれど、
その孤独を自覚できている人は少ないと思ってる。

いや、俺と同じように、自覚しつつも、
さらけ出すのを恐れているのかもしれないけれど。

互いに共依存関係になれる心地よさを、
俺はずっと味わえないでいて、
だからこそ、世界が空虚で嘘くさいと感じる。

俺の本当の気持ちなんて、
誰かがいなければ規定されるものじゃないのだから、
その「誰か」を求めてやまない気持ちはある。

 

ただ、それを自分の別人格に委ねるのも良いかもしれない、
むしろ、宗教はそうして発展したんだとさえ考えてる。

自分にルールを課せないから、
宗教がルールを貸して、自分を戒める。

より「正しい」方向へ、自分を導く。

何が正しいかもわからないままに。。。

 

俺は、その「正しさ」を、共依存関係に求めてるのを自覚してる。
すなわち、信じたいと、心から互いに思えて、
信じ合わないと互いに崩壊するような関係を、誰かと結べれば、
相手が正しいことになり、互いに正しさを信じられる。

 

そんな世界は望んでいないけれど、
俺の考え方を、理解しようとしてくれれば、それだけでありがたいと思える。