オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

がっこうぐらし! 最終回の感想

まさかの大逆転で驚きました。
回収しきれていない伏線は多いと思っていますが、
ハッピーエンドでよかった・・・!

第11話から予想した結末からは大きく外れてしまい、恥ずかしい限りです。
全滅エンド、第三者からの救済エンドしか、思いつけなかったのですが、ゆきの放送で全ゾンビが退避とは・・・

(ちょっとゾンビ対処、簡単すぎませんかね・・・)

 

まぁ、そこは置いておいて、
残された謎と、その解釈を思いつく限り残しておこうと思います。

謎①:結局、あの学校はなんだったのか?なぜ薬があったのか

解釈
何らかの研究施設、または研究施設に関連する要塞としての施設、
ということだと考えます。

薬があるということは、誰かがゾンビ化したうえで、
その対処法を編み出した人がいるということです。

その人が、ゾンビの習性(習慣化した行動を取りやすい)を考慮したとしたら、
大人よりも子供が多く集まる、学校に注目したという仮説が立てられます。千差万別な大人の動きよりも、学校に拘束される生徒のゾンビのほうが扱いやすいからです。

なら、なぜめぐねぇ以外に教師の生き残りがいないのかが不思議ですが・・・
(くるみが駆逐した・・・?)
これ以上の思考は伏線もわからないし、無駄かと思ってます。

 

謎②:なぜめぐねぇは地下室及び薬の存在を部員に知らせなかったのか
解釈
薬があるなら、試したいと願う人が、部員のそれぞれにいるだろうということ。
効能が不明なこと。
誰かがゾンビ化した際に、薬を刺すために危険を犯すことになること。

以上の理由から、薬の存在を部員に知らせないことをめぐねぇが決断したのではないかと考えます。
仮に、めぐねぇがゾンビ化した際に、誰かが薬を持っていたとしたら、
扉を開けてめぐねぇに薬を処方しようとして、返って全滅していた、
ということも十分考えられますし。

 

謎③:最終話の、太郎丸の墓を掘り返した犬と、手紙を拾った人は?
解釈
当然、2期フラグでしょう!
犬は太郎丸が助けた例の子犬ということで、
手紙を拾った人とは、新たな場所で敵・味方は不明ですが、会うのでしょう!
いや、そうであってほしいだけです。

 

さて、アニメだけのストーリーを楽しみにするため原作を読まずにいましたが、
最終回が終わったので原作を買って読んでみようかな。

もう6巻まで出てるんですね。。。!
6巻の表紙・・・新キャラじゃねーか・・・読まざるを得ない・・・

 

がっこうぐらし! (6) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

がっこうぐらし! (6) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)