読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

映画 オデッセイの感想

NASAの火星探査ミッションの最中に、災害の被害にあい、
火星に一人取り残された主人公が、いかに生き延びるかを描いた映画です。

ネタバレにならない程度に、抽象的な感想を書きとめようと思います。

主人公が火星で生きていくうえで、多くの課題がありました。
主人公は課題に対応できたらうれしがり、
失敗したら悔しがったりするシーンはあったのですが、
絶望しているシーンはありませんでした。

絶望して立ち止まるのではなく、
希望を持って行動することのすばらしさを感じました。

 

また、地球側での、主人公を助けるか否か、どのように助けるかの決断について、
対立する正義のやりとりも面白かったです。
どちらかが愚かなのではなく、互いに一理ある選択を準備し、
より良いと考える選択をリーダーが決定する流れが、理想的なチームだと感じました。

 

科学の知を生存に活かせることと、理想的なチームの演出が特に印象に残りました。
以上。