読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

週末の反対語は?

なんだろう?
この憂鬱な日の名前は?
ブルーマンデーとは言うけれど、日本語はあるんだろうか?

 

小説を通勤時間や昼休みに読めるのはすごいとおもう。

小説という空想世界に、自分を置いてしまいたくなるから。

現実との落差がしんどいから、平日には小説を読まなくなった。

 

ただの物語で、現実とは関係がない、と思えばいいのかもしれないけれど、
入り込んで共感することこそ、小説の楽しみだと思う。

 

小説と現実は違いすぎる。

 

トイレの中の描写や、いつものランチの描写や、歯磨きなど、
日常の日常すぎる場面は、小説では存在しない。

それが、完全な人間に近い気がする。

 

ハッピーエンドの小説では、自分が主人公のように、
何とか現実でもやっていけるような気分になってくる。

でも、すぐに現実に負ける。
不完全さを受け入れざるを得なくなる。

 

不完全さを客観的には理解しつつも、
自分自身が納得しきれていないと、
不完全であることを否定したくなってしまう。

 

理想と現実の差異を、目の前に見せつけられているのに、
見ないふりをして、見ない言い訳を用意する。

言い訳が思いつかなくなって、辛くなる。
ただの本末転倒だ。

 

現実を見て、受け入れれば解決する。

非常に難しい回答だけれど、それしか、答えはないんだろうな。

 

空想世界に逃げ込んでいては、現実に負けっぱなしだから。

現実にも、たまには勝ちたいな。