読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

仕事に行くのが憂鬱な日

朝起きて、今日予定されている仕事が嫌で仕方がないとき、
朝から精神ダメージの蓄積がやばい。

精神は肉体と同じく、ほどよい刺激が良いのだけれど、
過剰な負荷をかけたら壊れてしまって、怪我してしまう。

怪我をしていたら、視野が狭くなるし、余裕もなくなる。

精神の怪我は見えないから、怪我をしている人に対しても、
さらなる追い打ちをかけるように、矢を射られる。

まさに、矢面に立っている、という状態だ。

 

その矢が致命傷かどうかは、刺さった自分が決めるのが、
肉体とは違うところだけれど。

 

刺さったとしても、「こんな小さな矢は無視できるな」と
無意識でも判断できれば、気にならなくなる。

逆に、どれだけ弱い矢だとしても、自分が致命傷だと思ってしまえば、
致命傷に変わる。傷口を自分で広げてしまうんだ。

そうなると、精神ダメージが増幅していく。

 

精神の治癒には、それこそRPGのように、
人の言葉でヒールされることも多い。

 

でも、現実に魔法の言葉をかけてくれることはまれなので、
期待せず、自分で治す努力が必要だ。

治す努力とは、瞑想したり、スポーツに打ち込んだり、
何かに集中して、矢をいっときでも忘れることだ。

 

精神ダメージを蓄積させないために、なんでもいいから、集中しよう。

仕事に集中すれば、新たな矢も減るかもしれないし。

それでは、今日も頑張ろう。