読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

思考の掃き溜め

良い言葉というか、

自分の考えを吐き出すための言葉が見つからないことが多い。

 

かっこいい人達は、言葉で自分の考えを切り分けて伝えられてる。

それが自分にできないのがもどかしい。

 

言葉は、世界を区切るものだって誰かが言ったけれど、

区切れない部分も無理やりばっさり切り尽くすのが言葉だから、

表現しにくいように感じる。

 

話を伝えようとしても、

「要するに、こういうこと?」

と言われたことには、ピンと来ない。

遠からず、でも近くない感覚。

 

相手からしたら、自分の言葉でわかりやすくなったんじゃないか、

って思うだろうけれど、俺は納得できてない。

そんな感覚。

 

表現したいことの言葉の難しさをわからずに、

単に俺のことをアホだと落とし込められると非常に腹が立つ。

 

まぁ、表現できない時点で思考がまとまっていない、という説もまた然り。

人間の思考なんてものは、言葉で縛られるものだから。

 

感情は縛られないけれど、論理は言葉で縛られる。

語弊は少し交るけれど、感覚や経験は言葉に劣る。

 

感覚や経験は、相手に伝わらないから。

言葉なら、なんとか伝わる部分がある。

 

思考を言葉に落としこむのが、俺は好きだけれど、

誰にも理解されない言葉なんだろうな、と思いながらの思考だ。

 

論理展開は、自分だけが納得したらいい。そう思っている。

ただし、論理の正しさにはうるさいから、それこそ自己満足的に、

納得できるまで思考する。

 

それが、俺の思考方法だし、

安直で論理性のない単なるマーケティングの論理にのせられたいとは思わない。

 

論理や心理は、利用するものであって、利用されるものではないと、

そう信じたい。

利用してやる。という意気込みのほうが正しい表現なのかもしれないけれど。