読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

自分らしさを見失うと自信を失う

自信がないと思うけれど、
昔は自信にまみれていたな。

なんで自信が減っていったんだろう?

自信にまみれた行為が、受け入れられなかった経験からだろう。

俺の場合は、小学校あたりか。
なんでも、俺は優秀だと信じていた。
スポーツでも勉強でも。
スポーツはそこそこだったけれど、
優秀なやつらには敵わなかった。

勉強は1番と信じていられたけれど、
それでさえも、社会人になってから何度もくじかれた。

自分を完璧だと信じたいけれど、
大学時代にはバイトもろくにできなかった。

ミスしてばっかり。

要所だけを掴んでも、仕事にはならないと学んだ。
全体を仕上げなければ、仕事じゃないと学んだ。

要点だけを羅列した単語を並べても、
何も伝わらないから。

だから、全体を作り、読み手・使い手に、
要所を使ってもらう。

それが仕事なんだなぁ。

できなかった。
今もできていないけれど。

でも、一人でできる必要はない。

組織があって、同僚がいて、上司がいる。
みんなで仕上げればいい。

 

全部できないことに対する自信は、これで回復。

あとは、俺が俺らしくいられるように、
理想とする俺と一致するように、
理想を言葉にして、がんばればいい。

俺は受かる。当たり前のように、受かる。そうじゃなきゃ世界がおかしい。
だから、俺は世界を受け入れるために、後悔しない行動をする。

それで、少しでも、自分自身を取り戻していこう。