読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジ色

雑談とか日常思ったこととか

がんばりをけなす世界観

がんばろうと思っても、がんばった姿を誰かに見せたいとは思わない。
がんばった結果が出なかったら、なぐさめと哀れみの目線で見られる。

すなわち、同情されるんだ。
下に見られるんだ。
そんなの、いやだ。

だから、がんばってないふりをする。
試験勉強なんて、どれだけやってるかを自分自身でも把握しない。

これだけやったのに・・・
って思いたくないから。

誰にもがんばった姿をみせず、満足するまでやって、
それで結果を待つ。

がんばっても報われないと、人格を否定された気になるから。
自分の人生を否定された気分になるから。

「お前ががんばった時間は、成果に結びつかなかった」

そう言われてるみたいで、つらいから。

 

だからこそ、努力を努力を思わないようにして、
時間を測定しないようにして、自分の頑張りを否定する。
忘れる。

そうやって、がんばってる事をひた隠しにしてきたけれど、
最近になって、がんばってること自体が、他人にとって価値になることを理解した。

がんばってる人を見ることで、
例えば、「自分もがんばろう!!」と思えたり、
「あれ?こんなにがんばってるのにそれだけ?実は自分はすごいんじゃ・・・」
と思えたり。

がんばってる姿を晒すことも、必要なのかなぁ、と。
得する、と言えばそうかもしれないけれど、
仲間ができやすい気がした。

なにわともあれ、がんばろうかな。